みんなの五つ星グルメ
これぞ美味!みんなが見つけたとっておきのグルメを紹介します。

朝食にホッキカレー!朝5時営業の苫小牧「マルトマ食堂」:北海道苫小牧市

2018/12/05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道苫小牧と言えばホッキ貝の名産地としても知られています。プリプリの食感と豊かな甘みが口に広がる、貝好きにはたまらないのがホッキです。そんなホッキ貝がこれでもかというくらいに使われているのが、苫小牧にある「マルトマ食堂」のホッキカレーです。

メディアで紹介されたことは数知れず。苫小牧に来たなら絶対に食べるべきメニューの一つとも言えます。しかも、朝5時から営業しているという、ストイックな営業スタイルも惹かれます。というのも、こちらの「マルトマ食堂」は、漁師さんのための食堂でもあるのです。だからこそ、朝早くから営業開始を貫いているのです。

お昼時は地元の方はもちろん、観光客でも大賑わい。タイミングが悪ければ行列に巻き込まれてしまう可能性もあります。なので、間違いなくホッキカレーを食べるなら朝食のタイミングで伺うのもおすすめです。早起きができたなら、是非とも伺ってみてはいかがでしょうか。

「マルトマ食堂」は威勢のいいスタッフさんが迎えてくれます。席に案内されてメニューを眺めていると、調理場のガラス棚に並んでいる単品メニューにも惹かれます。新鮮な鮮魚を使ったお刺身の盛り合わせが丼に乗った「マルトマ丼」は、日替わりでネタが替わるようですが、お値段以上の豪華なラインナップで大人気。それでも、不動の人気を誇るのが、「ホッキカレー」なのです。

ホッキカレーは1000円なので、少し高いように思うかもしれません。でも、運ばれてくるお料理を見ると、その疑いは一気に解消されます。ステンレス製の銀皿に盛られたホッキカレーは、溢れんばかりのボリュームです。女性一人では食べきるのが大変に思ってしまうほどの量ですから、複数名でお店に伺う場合には、いくつかのメニューを頼んで楽しむのも良いでしょう。ホッキカレーはどれくらいのホッキが使われているのだろうかと思ってしまう量です。しかも、新鮮だから食感も楽しくカレーに負けない素晴らしい美味しさ。これは癖になるお客さんが多いというのが理解できます。

マルトマ食堂
北海道苫小牧市汐見町1丁目1番13号
http://marutoma-shokudo.com/

ライタープロフィール

けぼんさん/男性/年齢:40代/北海道在住/関東の大学を卒業し、言語聴覚士として地域のリハビリに貢献。一度関東へ戻るも、地元の北海道が恋しくなり再度移住。地元愛が強いからか、北海道各地の食のスポットにも精通。旅行と日本酒が大好きな40代。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO