プレッシャー克服法
プレッシャーに耐えられないときどうしてる?みんなスプレッシャー克服法を紹介します。

穴を塞いでからプレゼンに望もう

2013/01/04

これたいったプレッシャー克服方法はありませんが、メンタルを変えて行くことが大事だと思います。

何度か人前にたって緊張した経験がありますが、発表前は緊張しっぱなしです。しかし終わってみると楽しかったなといつも思います。それって多分発表の場を楽しめているということなので、私はおそらく人前で発表することが好きなんだと思います。

プレゼンと聞くと「プレッシャー」「緊張する」といったネガティブイメージですが、実は自分のアイディアについて他人と話しあうことができるクリエイティブでエキサイティングな場所なのです。自分がその場を楽しめるようになることがプレゼン成功への近道だと思います。

そういった場合に自分の用意しているアイディアに愛情をもつことが大事です。自分が発表するものに対して興味がなかったら、それについて相手に説明することはむずかしいでしょう。そしてそれを深く理解してもらうこともできません。なぜなら自分がそれについて深く理解できていないためです。興味がなければそのことを理解するための努力をしません。

プレゼン内容をかためると発表がうまくいきます。そのためには、そのテーマに興味を持ち自分や自分のチームのアイディアを愛することです。私の場合、自分の専門分野で得意とするものをプレゼンする場合にはプレッシャーを超えられます。

自信や希望がプレッシャーに負けそうな自分を支えてくれます。自分がやりたいことじゃなかったらモチベーションも下がってしまいますが、自分が相手に伝えたいことがあったらそこを乗り越えることができます。自分の発表内容に疑問をもったままプレゼンに挑むと失敗してしまいます。どんなアイディアにも穴がありますが、自分なりの解釈(解決)をして穴を塞いでからプレゼンに望まなければ聞き手からの鋭い意見に負けてしまいます。

どんな意見がとんできても彼等を説得できるまでその内容を知りつくすことです。そのためには自分のプレゼンに愛情をもつことが大事です。

ライタープロフィール

MIKIさん/女性/年齢:20代/ベルリン在住/海外旅行が趣味で南国に語学留学をしました。世界各地に滞在しアーティスト、ライターとして活動しています。

妊娠・出産・育児