プレッシャー克服法
プレッシャーに耐えられないときどうしてる?みんなスプレッシャー克服法を紹介します。

プレッシャーに潰されそうなときは、その先を考える

2013/05/30

責任を背負っている人というのはそれが大きければ大きいほどプレッシャーというのも抱えます。このプレッシャーに負けてしまってしっかりとした結果を出すことができないという方もいるのではないでしょうか。このプレッシャー、筆者は基本的に「成功している姿をイメージ」して乗り越えています。

現状、成功するとどうなるのか?
抱えているものを成功すると、どのような感じになるのかを想像します。誰かに褒められる、周りの人が喜んでくれる、誰かが楽になる…こうしたことが通常ではあるかと思います。その時の状態を考えることで勇気が出てくるので、うまくイメージして自分のモチベーションをコントロールするのです。

もし成功しても周りに変化がない場合は?
場合によっては、自分のことだけであったり、周りが期待していないことなどでプレッシャーを感じてしまうこともあるでしょう。こうした時には成功した時、周りの反応を考えてもあまりモチベーションがあがりません。その時は成功した自分を考えるのです。「やってやったぞ!」「成長できた」というような気持ちになるはずでしょう。その気持ちなることができれば、成功しやすいです。

大きなことと考えない
何か大きなプロジェクトを抱えている時など、その全体の大きさで考えずにひとつひとつ細かにして考えることが大切です。あまりにも大きいものだと「自分には無理かも…」と思ってしまいやすいですが、少しずつこなしていけば全然できることだ、と思えることが多いのです。大きな問題があってもそれを解決するにはどうすればよいのか?難しい部分はどこなのか?ということを紐解いていくことが重要です。

失敗することを考えない
失敗した時はどうしよう…ということは考えがちですが、失敗を考えるとプレッシャーに負けやすくなってしまいます。できるだけ失敗した時のことは考えずに、成功した時のことを考えるようにしましょう。失敗した時のことを考える時には、失敗しても大丈夫位の気持ちを持つことが大切です。

ライタープロフィール

浅瀬ハマグリ/男性/年齢:30代/北海道在住/とにかく色々なことを経験したい、という気持ちで様々な仕事をしているうちに、気づけばちょっと特殊な仕事などもしていました。そんな経験を面白おかしく紹介できたらと思います。

妊娠・出産・育児