パナマってどんな所?
「パナマシティで泊まるなら、オスタル・シリリ」「パナマシティのバス完全攻略法」「旅行に適した服装」「パナマの通貨と物価感覚とは?」「パナマの食事情とは?」「パナマの地ビールとはどんなもの?」などパナマについてを紹介します。

パナマシティの旧市街、カスコ・ビエホをぶらり

2017/08/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナマシティというと、高層ビルが立ち並ぶ近代的な街並みをイメージします。そういった地域もあるのですが、植民地時代の街並みを残した旧市街も存在します。この地域はカスコ・ビエホと呼ばれています。ビエホとはスペイン語で(古い)という意味。

港を挟んで新市街の対岸にあるカスコ・ビエホへは、頑張れば新市街から歩いても行けます。40分くらいでしょうか。もちろんバスも通っています。

この日は青年海外協力隊としてパナマに滞在していたJICAボランティアさんに、カスコ・ビエホを案内してもらいました。

まずはカスコ・ビエホの手前にある魚市場で、作りたてのセビチェを堪能。小さいカップですが並々盛られていて、これで2ドルでした。ビールと一緒に食べると格別です。

セビチェを堪能

セビチェを堪能

季節によってはロブスターのセビチェもあるそうですが、このときはシーズンオフだったようで、残念ながらロブスターはありませんでした。

カスコ・ビエホの入り口の広場で、民族衣装を着たきれいなお姉さんをみかけたので、写真をとらせてもらいました。鮮やかですね。

民族衣装を着たきれいなお姉さん

民族衣装を着たきれいなお姉さん

カスコ・ビエホには大統領官邸があり、希望者は中を見学できます。パスポートなどの身分証明が必要とのことなので、見学をしたければ持っていきましょう。わたしはパスポートを持っていなかったので、中を見ることはできませんでした。そのため、外観だけパチリ。

大統領官邸

大統領官邸

それからJICAボランティアさんおすすめのジェラート屋さんへ。おしゃれな店内で、いろいろなフレーバーのジェラートを味見することができます。それから気に入ったフレーバーを注文。ダブルで4.5ドルくらいだったと思います。わたしはマンゴーと、レモンナナというレモンとミントのシャーベットを注文。暑い日だったので、さっぱりしていて美味しかったです。

フレーバーのジェラート

フレーバーのジェラート

それからカスコ・ビエホ周辺をぶらぶらと。渋いおじさんがギターを弾いていたり、ディアボロバス(パナマのローカルバス)そっくりの悪魔を発見したりと、なかなか楽しい町歩きでした。

渋いおじさんがギターを弾いている

渋いおじさんがギターを弾いている

ディアボロバスそっくりの悪魔

ディアボロバスそっくりの悪魔

関連記事
ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO