メキシコってどんな所?

そまちひろさんが1ヶ月滞在したメキシコを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. メキシコで、時計と約束はあって無いようなもの

    ラテンの国メキシコでは、時間の感覚というものがとってもゆるいです。例えば、友達と待ち合わせしていて、相手が30分遅れてきたとしても、ムっとした様子を見せるのは「クールじゃない」とされています。なので…

  2. メキシコ料理が超お得に楽しめるランチセット

    ラテンアメリカでは、お昼時にはたくさんのレストランが超お得なランチセットを提供しています。メキシコでは、日替わりスープと日替わりメイン、デザート、飲み物、パンかトルティーヤがついて、50ペソくらいが…

  3. カラフルで面白い! メキシコの市場

    フロール・デ・カラバサ。かぼちゃの花現在オアハカというメキシコ南部の州に住んでいるのですが、ここは独特の食文化で有名な場所。そうなると当然、食材を供給する市場にも面白いものが並びます。 オアハカ市の中心部から少し南へ行ったザアチラという…

  4. メキシコ人は完全に夜行性

    メキシコを植民地支配していたスペイン人が持ち込んだ習慣はたくさんありますが、ほぼ年間を通して暑いメキシコによく馴染んでいるのが、シエスタと夜型の生活。 シエスタはお昼ご飯とその後の休憩時間を合わせた…

  5. 年中贈り物をしているメキシコ人男性

    常に風船売りがたむろしています。現在住んでいる築150年ほどのコロニアル調の建物には、7つの部屋と大きなパティオ(中庭)があります。中庭を囲むように部屋が位置しているのですが、ある日の夜、部屋でくつろいでいると、中庭から突然、大音量…

  6. メキシコの物価ってどんな感じ?

    メキシコの物価みなさん、メキシコの物価と聞いて、具体的なイメージが思い浮かびますか? 「日本よりは安いんだろうな」とか、その程度ではないでしょうか。 そこで、暮らしてみた感覚で、メキシコの物価が大体どれくらいか…

  7. 親日家が多いメキシコで、日本についての質問攻め

    メキシコには親日家が多いので、とても旅行がしやすく、友達も作りやすいと思います。地球の裏側と言っても過言ではないほど遠いメキシコと日本ですが、メキシコ人の日本に対する興味は大きく、ほとんどの人が…

  8. メキシコの治安について、本当のところ

    日本の友達に、「今メキシコに住んでいる」と言うと、十中八九「え〜危なくないの?」と聞かれます。マフィアと銃器と薬物が横行している、というイメージのせいでしょう。実はわたしも、メキシコに来るまでは似た…

  9. バリエーション豊かなメキシコの気候

    バリエーション豊かなメキシコの気候メキシコと聞くと、ただ漠然と「年中暑い」というイメージがあるかもしれません。 ただ、広大なメキシコでは、同じ季節でも地域によってまったく違った気候になります。例えば首都メキシコシティは、標高が2500…

  10. メキシコ人ってどんな人たち?

    ひと口にメキシコ人と言っても、いろんな人種や、社会的背景を持った人がいますし、住んでいる地域によって文化もかなり違うので、一概にひとくくりに出来ないところはあります。ただ、メキシコで半年暮らしてみた…

  11. メキシコの病院のクオリティはどんなもの?

    外国で病院に行くのは、結構勇気がいるものではないでしょうか。日本と同レベルの治療が望める国でも、言葉の問題や、処方された薬が体に合うか、保険の処理はどうしようか、いろいろ悩みますよね。 メキシコで病院…

  12. メキシコの独特の言い回しを覚えると便利

    メキシコはスペイン語の国ですが、他の国では使われないスラングや、先住民の言葉と混じった独特の言い回しなどがたくさんあります。結構会話の中に出てくるのに、知らないとまったく意味が分からないので、やっか…

  13. 家族が一番、仕事はまあほどほどに、なメキシコ人

    アジア地域の華々しい経済成長が報道されるようになって久しいですね。最近は中国だけでなく、東南アジアやインドなども、次のブーム国としてもてはやされています。 中国の人口13億人はまあ置いておいて、消費者…

  14. 今夜はメキシコビールで乾杯!

    Corona(コロナ)メキシコビールというと、日本でも有名な「コロナ」が思い浮かびますよね。コロナは確かにメキシコでも人気のあるビールで、大抵どこのスーパーやレストランにも置いてあるのですが、メキシコにはコロナの他にも…

  15. セクシーすぎる? メキシコ人女性のファッション

    よく「カトリックの国は保守的だから、あまり肌を露出した服を着ないように」などと、ガイドブックに書いてありますよね。メキシコもカトリックの国で、家族をとても大事にしたり、日曜日には必ず教会に行く人が…

  16. 美しきメキシコの太平洋側ビーチ、マスンテ

    ビーチエリアツアーつい先日なのですが、現在住んでいるオアハカ・シティを離れて、オアハカ州の太平洋側のビーチエリアツアーに行ってきました。 最初に立ち寄ったマスンテは、200メートルほどのメインロードと、宿やレストランが…

  17. サーフィンのメッカ、プエルト・エスコンディード

    海岸線が美しいビーチメキシコのビーチと言うと、どうしてもカリブ海側のユカタン半島の高級リゾートを思い浮かべがち。でもオアハカ州の太平洋側沿岸には、手付かずの海岸線が美しいビーチがたくさんあるんです。 先日、これらのビーチ…

  18. 海辺のシンプル・ステイを楽しむなら、ロカ・ブランカ

    ロカ・ブランカオアハカ州のビーチを巡るツアーで、1泊だけ他の友人たちと合流したのが、ロカ・ブランカ。ここは手付かずという表現がぴったりくる、素朴さが美しいビーチ。 どこまでも続く砂浜に沿って、レストランが8軒だけ建…

  19. メキシコのインターネット事情は?

    今や旅行に必須となったスマホやタブレットなどのモバイル機器。ガイドブックを持ち運ばずに、行き先情報や行き方を調べられて便利ですよね。 ただ、もちろんWiFiがないとモバイル上でインターネットを使うことは…

  20. メキシコのサンクリストバル・デ・ラス・カサスってどんな町?

    サンクリストバル・デ・ラス・カサスこのやたらと長い町名、外国人は「サンクリストバル」、日本人は「サンクリ」と更に短く略します。メキシコ南部、グアテマラ国境にほど近い場所にあるこの町は、マヤ系先住民文化と、スペインの植民地だった時代…

  21. 昔ながらの買い物体験ができるメキシコ

    わたしが住んでいた街オアハカの中心部には、大きなスーパーはありません。ショッピングモールのWalmartが車で15分くらいの郊外にありますが、不便なので一度も行ったことがないです。 中心部にはまあまあの品揃…

  22. メキシコの家探しはとってもカジュアル

    メキシコの家探し日本でアパートの部屋を探そうとすると、それはもう大騒ぎの一仕事ですよね。今ではネットで詳しく物件を探すことができますが、いい物件を見つけたらやっぱり紹介元の不動産まで出向いて、社員の人と現地を訪ねて…

  23. メキシコの長期滞在者とビザとの関係

    メキシコの長期滞在者とビザとの関係メキシコにはたくさんの外国人長期滞在者がいます。アメリカ人の定年退職組が多く、その他にも先住民文化に興味のあるアーティストなども多いですね。 わたし自身を含めてですが、そういった人たちみんながみんな…

  24. メキシコとグアテマラの国境を陸路で越える

    カンクンやメキシコ・シティなど、メキシコのハブ空港から入国し、その後南下して中米を旅行する、という人が多いと思います。 カンクンなどのビーチリゾートから、またはメキシコシティから南下してくるにしても…

  25. 先住民文化と融合した、世にも不思議なカトリック教会

    男性の民族衣装が独特なことで有名メキシコ南部の町、サン・クリストバル・デ・ラス・カサスから乗り合いバンで30分ほどのところに、とても興味深いカトリック教会があります。 この教会がある町はサンホアン・チャムラ。サンクリストバルからは…

  26. メキシコは安くて種類豊富なフルーツ天国

    1リットルバケツ一杯の大きな苺中南米を1年回って、最終的にメキシコに住むことに決めたのは、いろいろな要素がありますが、食べ物の関係も大きいです。レストランや屋台などのレベルが中南米イチ高いのに加え、市場などで買える野菜や果物の種類…

  27. おとぎ話の中の街、グアナフアト

    グアナフアトメキシコ・シティから北西にバスで5時間のところに、グアナフアトという街があります。他のメキシコの多くのコロニアル都市と同じく、こちらも街自体が世界遺産。メキシコで世界遺産に登録されている街を数多く回り…

  28. メキシコのLCC(格安航空会社)とは?

    中南米の広い地域を旅行する人が悩まされるのは、なんと言っても交通費の高さだと思います。長距離バスで移動している分には、国にもよりますが10時間〜12時間の移動で50ドルくらいと、そんなに悪くはないのですが…

  29. かわいいメキシコ雑貨は、どこで買うのがいいの?

    メキシコの伝統的な先住民テイストの入った雑貨や洋服はとてもかわいくて、自分にも友達のお土産にもたくさん買って帰りたい! という人は多いと思います。また本格的な買い付けをして、日本でオンラインで売って…

  30. メキシコで長距離バスに乗るとき気をつけたいこと

    メキシコは日本の5倍以上の国土を持つ広大な国。でも長距離バス路線がどこまでも張り巡らされていて、時間と体力さえあればバスでどこでも行けてしまいます。 超長距離路線が多いのも特徴。例えば首都のメキシコ…

  31. メキシコの夜に、耳栓は必須!

    メキシコ人はとにかくパーティ好き。週末はもちろん、平日の夜もバーに繰り出して遅くまでおしゃべりしたり、自宅に友達を呼んでホームパーティをしています。 メキシコに住み始めて間もないころ、友人宅にホーム…

  32. メキシコで一番ご飯が美味しい街、オアハカ

    モレ。スパイスとチョコレートの苦味、甘みが複雑に絡み合って、絶品です。中南米は、美食を楽しみに旅行するような場所ではありません。基本的に、味のない肉と、パサパサの米と、脂ぎったスープしか食べられないと思ってください。 ただ、ひとつだけ例外の国があり、それがメキシコ…

  33. オアハカ名物メスカルとは?

    テキーラより蒸留度が低い「メスカル」メキシコのお酒と言えば、サボテンから作られる超アルコール度数の高いお酒、テキーラが思い浮かびます。でもテキーラって、味わって飲むようなイメージではなく、景気付けにショットを一気飲みして盛り上がる…

  34. メキシコ人は抗生物質が大好き

    「あなたがカゼをひいたら、通常の友人であれば蜂蜜しょうが入りのお茶を作ってくれる。メキシコ人の友人は、抗生物質をくれる」というジョークを聞いたことがあります。これはあながちジョークではなくて…

  35. オアハカに来たら、メスカルで乾杯!

    幼虫が入ったグサノオアハカ名物のお酒、メスカル。アルコール度数が高く、ショットグラスからすするのが普通です。 メスカルにはたくさんの種類があります。ノーマル仕様の「ブランコ」、虫の幼虫が入った「グサノ」、鳥皮で風味…

  36. 絶景観光地 イエルベ・エル・アグアへの行き方は?

    イエルベ・エル・アグアオアハカに立ち寄る人に、必ずいくように勧めるのが、イエルベ・エル・アグアです。薬効のあるミネラル分を含んだ泉が、岩でできたプールの中に湧いているいわば温泉なのですが、「イエルベ(沸騰した)」という名前…

  37. 天国のような景色、イエルベ・エル・アグア

    天国に温泉があったら、こんな感じかなあ…オアハカで一番人気の観光スポット、イエルベ・エル・アグア。冷泉のプールなのですが、オアハカの山並みを一望する山頂にあり、泉のなんとも言えないコバルトブルーと相まって、天国に温泉があったら、こんな感じか…

  38. オアハカのナイトライフはどんなもの?

    オアハカは、東西南北の端から端まで歩いて行けてしまうような、小さな町。しかし多彩なNPOが活動を行っていることで知られていて、メキシコ各地、世界各地から老若男女が集まり、とても開放的でインターナ…

  39. メキシコの水事情−危ない? 安全?

    メキシコの水道水は飲めません。これは全域どこに行ってもそうです。首都のメキシコ・シティでは、大規模な浄水場で上水道については殺菌処理をしているそうですが、メキシコ・シティに長く住んでいた友人によると…

  40. メキシコで銀行口座を開くには?

    とにかくすべてが緩いメキシコ(って、何度も書いていますが…)。日本だと煩雑なルール、書類で目が回りそうになる手続きが、ものすごくあっさりできるのがいいところです。 銀行口座についても例外ではありま…

ライタープロフィール

そま ちひろさん/女性/年齢:30代/中南米(2013年現在)/フリーライターおよび翻訳業。お気に入りの国はインド、住んでみたい国はスペイン、そして現在は南米を縦横断中、という矛盾だらけの人生を満喫しています。著作に「ヘラクレイトスの水」(大宰治賞2009収録)。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO