シンガポールってどんな所?
「観光での楽しみ方」「人との接し方」「食べ物の楽しみ方」「危険の回避の仕方」「現地の気候について」などシンガポールの様子を紹介します。

シンガポールで絶対訪れるべき観光スポット4撰

2018/01/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポールには数々の観光名所がありますが、その中でも厳選しておすすめスポットをご紹介していきます。

定番観光スポットと言えばコチラ
まずは有名すぎるシンガポールの観光地をピックアップしてみましょう。 ・オーチャードロード
・リバークルーズ
・セントーサ島
・リバーサファリ(ナイトサファリ)
・ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
シンガポールに行った事ない方でも、上記の観光地は有名なので耳にした事くらいはあるかもしれませんね。勿論こちらもオススメですが、もっとたくさんの観光地がシンガポールにはあります!

一日満喫できる!シンガポール動物園
動物たちがのびのび動き回る様子が楽しめる動物園です。何がおすすめって、檻や柵がないので動物たちの自然な姿が見られますし、間近で見られるのも醍醐味です。そしてもう一つおすすめポイントは、「ジャングルブレックファースト」です。朝早いので早起き必須ですが、世界でここでしか体験できない野生生物プログラム付きの朝食会になっています。 動物と自然の両方楽しめる、一日いても飽きないところです。

夜景が特にステキ!「マーライオンパーク」
駅から徒歩7分、マリーナ・エリアにあるマーライオンパーク。シンガポールを象徴するマーライオン象がある事で有名です。3大がっかり名所の一つとしても知られていましたが、2002年に移転してからは背景に雄大な高層ビルが建ち並び、さらにグレードアップしています。私も昼間に遊びに行ったことがありますが、観光客が多くてにぎわっています。みんな写真を撮るのに忙しそうな感じでした。あとで思ったのですが、ここは夜に行った方がとても綺麗で見栄えがします。昼間もマーライオンや摩天楼のスケールが大きくて素敵ですが、夜はライトアップもされてさらに公園が綺麗に見えるので、夜景を楽しむ意味でも夜に行かれるのがおすすめです。

・こぼれ話〜マーライオンの伝説 顔はライオンで身体は魚のマーライオン。どうしてこの変わった動物がシンガポールの象徴になったか気になりませんか?実は昔、シンガポールを発見した王様(マレー人)が島に訪れた時、マーライオンがこの地を治めていた!なんていう伝説があるからだそうです。

ファアミリーにおすすめ!未来型植物園「ガーデンズ・ベイ・サンズ」
ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」の裏に素敵な植物園が広がっています。近代的な雰囲気漂いますが、まさにここのテーマは「近未来」。500種類以上の花々が見られるフラワードームも用意しています。しかもーデンズ・ベイ・サンズはただ植物があるだけでなく、ユニークな形の建物や高さ50メートルのツリー、35メートルの滝が流れるクラウドフォレストなど、植物以外も楽しめる要素が盛りだくさんです。最先端設備によって、世界各地の植物が観察できて、特にお子さん連れのご家族におすすめです! ※営業時間:5〜2時

泊まらなくても見てるだけで楽しめる!「ラッフルズホテルアーケード」
私がしつこいくらい大絶賛しているラッフルズホテル。宿泊する予定がなくても、見学だけでも行ってきてほしいくらい美しいホテルです。中庭(バーがあります)や1〜2階にあるお店は宿泊客でなくても入れるのでおすすめです。

まとめ
いかがでしたか?シンガポールで行っておくべき観光名所をご紹介してきました。 シンガポール動物園 マーライオンパーク ガーデンズ・ベイ・サンズ ラッフルズホテルアーケード シンガポールは動物も植物など自然も楽しめるところです。日本では味わえないような体験をしてきてくださいね。

関連記事
ライタープロフィール

レイさん/女性/年齢:30代/東京都在住/3度の飯よりコーヒーが好き。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO