空港の楽しみ方

空港ホテル、空港の食事、免税店の賢い利用法、空港グッズを紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空港の楽しみ方
  1. 「空港ホテル」に泊まる楽しみ 3つのスタイル

    パリ・シャルルドゴール空港の周辺ホテル行きバス乗り場「空港ホテル」というと、空港に隣接する、もしくは空港に近いホテルのことをさします。たいていこのホテルを利用する人は、朝早い便に乗る、もしくは夜遅い便で着く人が大半かと思います。でもそれ以外でも…

  2. 空港で「食べる」楽しみも満喫すべし

    パリ・シャルルドゴール空港内のステーキハウスにて空港は"ご当地グルメの宝庫"といっても過言じゃありません。例えば、韓国・ソウルの仁川国際空港だと、韓国料理です。空港での乗り継ぎ時間が長いなら、ターミナル内でビビンバでも焼肉でもじっくり味わってみるべき…

  3. 「免税店」はかしこく買い物する場所

    ミュンヘン国際空港のターミナルに並ぶショップ一昔前ならば、海外旅行に行く=免税品を買う、というショッピングが"定番"だった気がします。自分ももれなくその1人で、空港でパスポートコントロール(出国審査)を抜けるとズラリと並ぶ免税店で、通常より安い…

  4. 限定の「空港グッズ」もお土産に重宝!

    関空展望ホールにあるグッズショップ自分がよく利用する関西国際空港は、空港のオリジナルグッズがとても充実しています。展望ホールに1つ、第1ターミナルに1つ、それぞれ専用のグッズショップまであるほどです。しかも、ただのグッズではない…

  5. 空港にある2種類の「ラウンジ」その違いとは?

    韓国・ソウルの仁川国際空港のアシアナラウンジ空港にある「ラウンジ」を利用するのは、飛行機に旅慣れた人、というイメージがあります。もちろんそれだけではないのだけど、ラウンジを利用し出すとやはり便利な場所だな、とつくづく。でもこのラウンジ…

関連テーマ

ライタープロフィール

AKIさん/女性/年齢:30代/大阪府在住、自己紹介:日本と世界を旅しています。好きなモノは、ご当地グルメ・スポーツ観戦・空港・鉄道・歴史・温泉など。大きめのバイクにも乗ります。海外のサーキット行脚もライフワーク。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO