オーストラリア英語学校体験記
オーストラリア語学学校についての体験談を紹介します。

現地英語学校の理想と現実の違い

2010/06/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の勉強をしたいとシドニーの英語学校に行こうと決めた時、全く英語ができなかった私は、いくらなんでも半年以上は通わないといけないであろうと、6ヶ月の短期コースを選択しました。私が選んだ英語学校は、シドニー某大学の付属学校であったため、少なくても2年から3年ほど通って英語を勉強し、その後大学に進学するといった留学生の方がほとんどだったのですが、もちろん私は大学に行く気もなければ、大学に行けるほど英語力もなく、学校に行き始めて3ヶ月経った頃退学を申し出ることにしました。

というのも、今の調子であと3ヶ月通ったとしても、本当に英語が上達するのかが不安になったからで、しかも私が保持しているワーキングホリデービザの期限は1年しかありません。私が学びたいと思っていた英語は、教科書で学ぶような機械的なものではなくて、難しい単語よりも、日常生活で使えるような、簡単な、ちゃんと外国人の方とコミュニケーションがとれるような英語を学びたかったのです。

例えば、大人が赤ちゃんや子供に言葉を教えるような感じで、「花」を指してこれは「フラワー」と言う英単語であるとか、間違ったことをしてしまった時に、「Don't do it」(それをしてはいけません)と教えたり、こんな場合はこうやって言うのか、っというような英語を学ぶにはどうしたらいいのか考えた時にやはりこの学校にいても・・・と辞めることを先生に言いました。

先生も、シドニーに来る前に少しでも勉強してきていれば違っていたのかもねっと納得してくれ退学の手続きをとってくれたのですが、その事も言うのでさえかなり時間がかかってしまい、結局は日本人スタッフの方に頼って言ってもらいました。今後もしみなさんが現地の英語学校に行かれるのであれば、私のように二の舞にならないようにも、多少勉強されていかれることをおすすめいたします。

全く話せない状態で行くのも一つの冒険なのかもしれませんが、現地の英語学校では、ある程度英語ができて当たり前と思って授業を進めていく所が多いようです。そして、現地で生活(食・住・衣)する上でも、何もかもすべてが自分の英語力にかかってきます。あの時少しでも英語が話せれば、更にオーストラリアライフを楽しむことができたのではないかと今さらながらにそう感じています。

英語学校:シドニー英語学校
体験期間:3ヶ月

関連記事
ライタープロフィール

Liccaさん/女性/年齢:30代/現在は中国在住/ワーキングホリデーで渡豪。価値観のないオーストラリアの魅力にとりつかれ、その2年後永住権取得。職場で出合ったオーストラリア人男性と結婚し、仕事・家庭・酒飲みに全力投球!いろんな事に挑戦することが好きな好奇心旺盛な三十代女性です。好きな言葉:「出合いのよろこび」

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO