コーヒーのおいしい飲み方
「至福のコーヒータイム」「コーヒーと健康」「コーヒーとダイエット」「こだわりのコーヒーアイテム」「おすすめコーヒーミル」「コーヒー豆の選び方」「おすすめカフェ」などコーヒーの魅力を紹介します。

私流のこだわりの入れ方

2017/12/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーは淹れ方一つで味が変わってしまう不思議な飲み物です。コーヒーでよく言われる事として、せっかちな人はコーヒーの味もせっかちになると言われています。コーヒーは時間をかけてじっくり淹れるので、せっかちな方が淹れたコーヒーは味が不味く、香りもいまいちになってしまう事もあるようです。コーヒーを美味しく入れるコツは、コーヒーミルで豆を挽くところから注意しなくてはいけません。

コーヒー豆も大事ですが、初心者にはそこまでこだわらなくても美味しいコーヒーを淹れる事が出来るので、コーヒーを挽く事にこだわりましょう。コーヒーを挽くといっても、ただコーヒーを挽けばよいという訳では無く、抽出方法に合わせた挽き方をする事が重要です。私はペーパードリップやコーヒーメーカーなどでコーヒーを飲んでいるので、中細挽きでコーヒーを挽きます。サイフォンでコーヒーを淹れる方は中挽きがあっており、抽出方法によって挽き方を変えるのが美味しいコーヒーを淹れるコツです。

また水などにもこだわりを持つことでより美味しいコーヒーを淹れる事が出来ます。私の家は田舎なので普段飲む水は水道水を使っていますが、コーヒーを淹れる時にはミネラルウォーターを使っています。その理由にはコーヒーを淹れる水は軟水と硬水とでは味に違いが出るので、自分の好みにあったミネラルウォーターを購入しています。私はマイルドなコーヒーが好きなので軟水を使用していますが、コーヒーの苦味を楽しみたい方は硬水がおすすめです。確かに美味しいコーヒーを作るには淹れ方なども重要ですが、自分好みの味にするのが一番美味しいコーヒーだと思っています。自分で試行錯誤しながら自分好みの味になるように工夫をする事で美味しいコーヒーを作る事が出来るので、じっくり時間をかけてコーヒーを淹れるのもコーヒーの魅力の一つかもしれませんね。

関連記事
ライタープロフィール

秋山学さん/男性/年齢:30代/群馬県在住/ライター歴約9年位です。今までに男女問わずライターをさせていただき、ジャンルを問わないライターを心がけています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO