コーヒーのおいしい飲み方
「至福のコーヒータイム」「コーヒーと健康」「コーヒーとダイエット」「こだわりのコーヒーアイテム」「おすすめコーヒーミル」「コーヒー豆の選び方」「おすすめカフェ」などコーヒーの魅力を紹介します。

コーヒーが健康に良くないというのは嘘?

2017/10/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくコーヒーは体に害があるから飲みすぎない方が良いとされています。うちの家庭でもコーヒーは体に良くないとされていましたがこれは間違いです。雑誌などを見ると最近ではコーヒーが体に良いという話も出てきており、体に良いのか悪いのか情報がまちまちですが、コーヒーには利尿作用があるので体のムクミ解消に効果があるとされています。他にもストレス解消にも効果があるので、1日1杯から2杯は健康に良いとしています。

また最近の研究結果では、コーヒーを飲む事で心筋梗塞、脳梗塞などの予防になるのでコーヒーを毎日飲みましょうと言っている先生も居るので、コーヒーが体に悪いという話はあまり聞かなくなりました。昔はコーヒーはコーヒー豆の焦げという認識があり、コゲを食べ過ぎると癌になるという事からコーヒーは体に良くないという噂やコーヒーには微量のアクリルアミドという成分が含まれており、この成分が発がん性物質だとされていた事からコーヒーは体に悪いとされていましたが、コーヒーに含まれる程度のアクリルアミドでは毎日飲んでも影響が無いとされており、近年ではガンの予防になるという専門家もいます。ただ何でも飲みすぎてしまうと体に良いとされている物でも体に害を与えてしまうので注意が必要です。例えばコーヒーにはカフェインが含まれているので飲みすぎてしまうと胃を痛めてしまう恐れがあります。また覚醒効果もあるので寝不足になったりイライラするなどの症状もあり、何事もほどほどにしておく方が良いでしょう。

コーヒー単品では健康に良いですが、ミルクを入れたり砂糖を入れすぎてしまうと糖尿病などになる恐れもあるので入れすぎにも注意が必要です。私は毎日コーヒーを飲んでいます。コーヒーを飲む事で体も温まり気持ちもリラックス出来ます。特にストレスが溜まる職場にいるので、休憩時間の1杯のコーヒーは最高に美味しいですね。お酒などは飲みすぎると体に良くないですが、コーヒーはお酒ほど飲みすぎても体に害を与えないので、ストレスが溜まってお酒を飲みすぎてしまう方は、最高に美味しい本格的なコーヒーを一度飲んでみてはいかがでしょうか。

関連記事
ライタープロフィール

秋山学さん/男性/年齢:30代/群馬県在住/ライター歴約9年位です。今までに男女問わずライターをさせていただき、ジャンルを問わないライターを心がけています。

Facebook、Twitterで新着情報をお届けします。

facebook HOSIGOtwitter HOSIGO